青年部主催の講演会

核兵器なき世界へ――長崎の使命、青年の役割

核兵器なき世界へ――長崎の使命、青年の役割

デイビッド・クリーガー氏

核時代平和財団のデイビッド・クリーガー会長が2013年11月3日、長崎平和会館を訪問。「核兵器なき世界へ――長崎の使命、青年の役割」をテーマに講演した。

同会長は、かつて池田大作SGI会長と世界平和の実現について語り合ったことを述懐。核兵器廃絶のためには、達成への希望を持ち続けるとともに、「思いやり」「献身」「勇気」の行動を起こしていかなければならないと語った。

続いて、「核兵器は人類と共存できない」という新たな価値体系を確立する必要性に言及。「人間の普遍的な権利と、未来への責任を明らかにすべきである」と強調した。

さらに核時代に終止符を打つのは、長崎や広島の被爆者の叫びであり、それを受け継ぐ青年のリーダーシップであると強調。「被爆70年の2015年へ、青年の熱と力を結集し、生命尊厳の哲学が輝く地球社会を創造したい」と述べた。

詳細はこちら