SOKAグローバルアクション

SOKAグローバルアクション
in 大連

2015年06月16日
中国・大連工業大学でフォーラム

日中友好青年交流団は2015年6月16日午前、遼寧省の大連工業大学で開催された「日中青年友好フォーラム」に出席した。

これは、青年部の平和運動「SOKAグローバルアクション」の一環として、大連中日教育文化交流協会、大連市青年連合会が主催したもの。「北東アジアにおける日中交流と青年の役割」とのテーマが掲げられた。

訪中団一行が会場の大教室に入場すると、大連市内の7大学から参加した約400人の学生、教員が、万雷の拍手で迎えた。

冒頭、大連工業大学の任文東副学長が「交流を重ねる中で信頼と友好は深まります。本日のような相互交流こそ、輝かしい未来を開くものです」と強調。

続いて主催者を代表し、大連中日教育文化交流協会の賈聚林副会長は「一人でも多くの中国の青年が、池田思想に触れ、深く学び、実践してほしい」と念願した。

その後、橋元青年部長が池田大作名誉会長からのメッセージを読み上げると、大きな感動が場内を包んだ。

フォーラムでは日中双方から発表が。初めに、井上光城副青年部長は、教育を基盤とした青年の交流が、あらゆる差異を超える原動力であるとし、名誉会長が提唱する「世界市民教育」を北東アジアから発信したいと語った。

中国側からは、大連工業大学・池田大作思想研究所の劉愛君所長が「池田思想と青年の育成」について言及。学生が主体的に名誉会長の著作を学ぶ「読書会」など、具体的な実践事例を紹介した。

また、遼寧師範大学・池田大作平和文化研究所の崔学森副所長は、名誉会長のアジア認識を考察。近代の日本が掲げた〝脱亜入欧〟との風潮と異なり、中国や韓国を〝文化大恩の国〟と尊重する名誉会長の行動こそ、アジアに真の平和と友好をもたらすものと訴えた。