青年部による平和・文化運動

3県平和サミットを開催

3県平和サミットを開催

青年の手で戦争と核兵器のない時代を!――広島・長崎・沖縄の青年部の代表らによる「3県平和サミット(青年平和連絡協議会)」が2013年8月3日、広島池田平和記念会館で開催された。これには、池田大作名誉会長が記念のメッセージを贈り、平和の万波を起こすために、大情熱を燃え上がらせて尊い青春を進む友に心から期待を寄せた。 

戦争ほど残酷で悲惨なものはない!――戦争で最も苦しんだ広島と長崎、そして沖縄。平和を希求する3県の青年部の代表が広島に集った。

サミットに先立って行われた被爆体験を聞く会では、「呉原爆被爆者友の会」の山中恵美子さんが講演した。山中さんは、語り部活動を始めた当初、忌まわしい記憶を思い起こしたくないと思ったこともあった。証言を続けることが、精神的な苦痛との闘いだった。

しかし、池田名誉会長の長編詩「平和のドーム 凱旋の歌声」に出あって変わった。

「惨苦を越えながらも/懊悩の幾山河は果てず/死の灰 身をむしばみ/体は思うにまかせず」――名誉会長の被爆者への同苦の思いを感じた山中さん。

〝体験した私にしか語れないものがある。二度と悲劇を繰り返さないようにするのが私の使命〟と、その日から、証言活動は海外にまで広がっていった。

時折、言葉を詰まらせながら体験を語る山中さん。「きょう感じたことを一人でも多くの方に語り広げてほしい」と呼び掛けた。

青年部の友は、「体験を伝えるまでの葛藤や苦しみ、そして勇気を感じました」「生の体験を初めて聞きました。もっと多くの人が知るべきです」と、決意とともに感想を語り合った。

今回で22回を数えるサミットでは、3県の代表が活動報告した。

長崎(前田青年平和委員会委員長、津田女性平和文化会議議長)と、沖縄(砂川青年平和委員会委員長、屋嘉部女性平和文化会議議長)の代表があいさつ。広島(淀屋青年平和委員会委員長、平井女性平和文化会議議長)からは、「広島学講座」などを通じて、全国・全世界に平和交流を広げる模様が紹介された。

続いて、被爆70年となる2015年に広島・長崎での「『核兵器のない世界』のための拡大首脳会合」開催を目標に、世界平和の大潮流を築く取り組みについて、活発に意見交換が行われた。

浅井青年平和会議議長、木下女性平和文化会議議長は「世界はいよいよ創価の青年に期待を寄せている。これからも挑戦を続けたい」と語った。橋元男子部長が激励した。

同日、世界平和祈念勤行会が行われ、3県青年部の代表が参加。戦争と核兵器のない世界実現を祈念し、篠原中国長、三浦同青年部長らがあいさつした。