SOKAグローバルアクション2030

SOKAグローバルアクション

2020年05月15日
「Sign For Life」キャンペーンを応援

新型コロナウイルスが全世界で感染拡大を続ける今、創価学会青年部は、ワクチンの量産及び世界中での供給を応援する署名キャンペーン「Sign For Life」に協力することになりました。(2020年5月29日まで)

Sign For Life」は、低中所得国におけるワクチン供給において世界トップクラスの実績を持ち、新型コロナウイルスワクチンの開発・量産・供給の支援にも取り組む「Gavi」と呼ばれる国際機関に対し、日本政府からの支援金増額を目指す取り組みです。

一刻も早い終息のためにも、青年部一人ひとりが支援の輪を広げてきましょう。署名へのご協力をよろしくお願いいたします。

署名はこちらで行えます。(お名前と郵便番号の入力が必要です)

※Gaviとは
保健医療が脆弱な国の子どもたちにワクチンを提供するため2000年に発足。世界保健機関(WHO)、国連児童基金(UNICEF)、世界銀行などと連携しながら、これまでに7億6,000万人の子どもにワクチンを提供し、1,300万人以上の命を救ってきました。