ユースフォーラム報道

終戦70年――日本の青年が世界のために担うべき使命

終戦70年――日本の青年が世界のために担うべき使命鬼丸昌也氏と青年部が語り合う

「終戦70年――日本の青年が世界のために担うべき使命」と題してのユースフォーラムが2015年4月30日、新宿区の戸田記念国際会館で行われた。NPO法人「テラ・ルネッサンス」の創設者で理事の鬼丸昌也氏が講演した。

同法人は紛争に巻き込まれた人々の自立と自治を支援している。

氏は、アフリカのウガンダ共和国北部での子ども兵の問題やコンゴ民主共和国における内戦の現状を紹介。「アフリカでの紛争も、私たちの生活を支えるレアメタルなどの資源をめぐって起きていることがあります。それを知ることが必要です」と述べた。

また、一人一人が当事者意識を持ち、身近な人に対話を重ねていくことが輝く未来をつくる力になると強調。「真の問題解決への鍵は、一人一人に地域や社会で活躍できる役割と出番を与えること」と述べ、池田大作SGI会長の毎年の平和提言にも触れながら、創価の平和運動に期待を寄せた。

詳細はこちらから