ユースフォーラム報道

今の青年にとっての『幸福』について考える ~社会保障や育児の視点から~

今の青年にとっての『幸福』について考える ~社会保障や育児の視点から~柴田悠氏と青年部が語り合う

ユースフォーラムが2016年10月15日、京都国際文化会館で開かれた。「今の青年にとっての『幸福』について考える ~社会保障や育児の視点から~」と題し、京都大学大学院人間・環境学研究科准教授の柴田悠氏が講演した。

柴田氏は、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の重要性を強調。子育てや就労の支援といった社会保障の充実が、経済成長などにつながると述べた。

その後、竹岡光城青年部長、落合幸弘関西青年部長などを交え、活発に質疑が行われた。

詳しくはこちら