ユースフォーラム報道

食でつながる絆

食でつながる絆鈴木和樹氏と青年部が語り合う

ユースフォーラム「青年力で開く日本の未来」が2017年5月31日、静岡葵文化会館で開かれた。

NPO法人「フードバンクふじのくに」の鈴木和樹事務局次長が、「食でつながる絆――『もったいない』から『ありがとう』へ」とのテーマで講演。

同法人は、市場で流通させられなくなった食品を、生活困窮者に配給する事業を静岡県内で展開している。

鈴木氏は、フードバンクの活動は食品をただ渡すだけでなく、生活困窮者の自立を助ける力になると強調。生活に困っている周囲の人たちへ、共に情報を届けてほしいと話した。

静岡創価学会青年部の有賀誠さん、櫻木雅子さんが、仕事を通して、使命の舞台で信頼を広げる模様を語った。