哲学者のラッセルと物理学者のアインシュタインを中心に湯川秀樹など11人が1955年7月に署名した宣言。核兵器による人類の危機を克服するため、人間性に基づく新たな思考への転換を呼びかけている。その精神を踏まえて57年に結成されたのがパグウォッシュ会議で、科学者の良心の訴えを通じて核兵器と戦争のない世界を求めてきた運動は高く評価されている。