2006年11月、国連気候変動枠組条約の第12回締約国会議を契機に、国連環境計画などが始めた運動。当初の目標だった10億本の植樹は、5歳から80歳まで幅広い年齢層が参加する中、開始から1年を待たずに達成された。その後も運動は継続され、参加の輪が193カ国に拡大する中、125億本もの植樹が実現している。