地元で生産されたものを地元で消費することを目指す取り組み。食料品の産地と消費地をつなぐ輸送距離が短縮されれば、その分、環境負荷の軽減も進むことから、地産地消の割合を高める重要性が叫ばれてきた。食に対する安全・安心志向の高まりを背景に、消費者と生産者の相互理解を深める活動としても期待されている。