1913~2005年。アメリカの公民権運動の母。1955年、アラバマ州モンゴメリーの公営バスで、座っていた白人用の席からの移動を拒否して逮捕された。これがきっかけとなり、キング博士の指導による「バス・ボイコット運動」が起こり、全米の公民権運動の大きなきっかけとなった。後に連邦裁判所は、バスにおける人種隔離は違憲との判決を下し、1964年には公民権法が制定された。(SOKA YOUTH web編集部編)