法華経譬喩品第3に出てくる譬え。家が火事であることを知らずに、その中で遊んでいる子どもたちを救い出すために、父である長者は、方便として羊車・鹿車・牛車の三車を示すことで家の外に出ることを促し、出てきた後にはそれらに勝る大白牛車を与えた。その結果、すべての子どもたちを火事から救い、命を守ったという譬えが説かれている。(SOKA YOUTH web編集部編)