核兵器の拡散を防止することを目的とした条約で、核兵器国による核兵器の委譲の禁止、非核兵器国による核兵器の受領・製造などを禁止するとともに、締約国が核軍縮の誠実な交渉を進めることを定めている。1970年発効。1975年以降、5年ごとに、同条約の運用状況を検討するための会議(再検討会議)が行われている。(SOKA YOUTH web編集部編)