1957年9月8日、創価学会の青年部ら5万人が参加して行われた第4回東日本体育大会の席上、戸田城聖第2代会長が〝遺訓の第一〟として発表した宣言。世界の民衆の生存の権利を脅かすものとして、核兵器の使用はいかなる場合でも絶対に許してはならないと訴えた。(SOKA YOUTH web編集部編)