創価学会についてQ&A for YOUTH

学会批判の坊主・宮川について

学会批判ひはん坊主ぼうず・宮川について

1. 供養くよう)私物化しぶつかで会館寺院から追放ついほう)

テレビ東京が学会に対して謝罪しゃざいした番組の中で、「元信者」なる人物が学会を批判ひはんしていましたが。

その人物は、会館寺院の住職じゅうしょく解任かいにんされ、追放された宮川雄法みやかわゆうほう(現在は日護にちごと名乗る)という男です。

現在、宮川はフェイスブック上を中心に、悪意あくい臆測おくそくもとづき、さかんに学会への誹謗中傷ひぼうちゅうしょうかえしています。

また、元本部職員3人の集会に参加したり、学会を除名じょめいされた人物らとつるみ、学会組織の攪乱かくらん目論もくろんでいます。

そのような人物を、「元信者」として取り上げ、一方的にその発言を紹介するなど、「偏向へんこう報道」以外の何ものでもありません。

宮川は、かつて日顕宗を離脱りだつした後、山口やまぐち兵庫ひょうごで学会の会館寺院の住職をつとめていました。会館寺院とは、学会が推進すいしんする世界広宣流布こうせんるふについて、共に活動する僧侶そうりょの活動拠点きょてんとして、学会が提供ていきょうしている建物です。住職は、葬儀そうぎ法要等ほうようとうを行うなど、正法興隆しょうほうこうりゅうに必要な活動に従事じゅうじしています。

しかし、宮川は兵庫の会館寺院「宝城寺ほうじょうじ」に在任中ざいにんちゅう、学会幹部などを誹謗中傷したり、金銭きんせん問題をこしたりしました。

会館寺院の住職としてふさわしくない行為こういおよんだ宮川に対して、宝城寺の理事会りじかいは住職を解任し、追放しました。

彼が起こした金銭問題とは、どのようなものだったのですか。

宮川は、寺院に対してなされた供養を私物化していたことが発覚はっかくしました。

たとえば、信越の学会員から、会館寺院に対する永代えいたい供養として100万円の供養がなされました。これは本来、寺院の口座こうざに入れられるべきものです。

ところが、宮川は、会館寺院の理事会に承諾しょうだくることなく無断むだんで、個人で口座を開設かいせつ。しかも、その口座に寺院名をし、あたかも寺院のものであるかのようによそおって、学会員に伝え、供養をませていたのです。

また、宮川は、別の2人の学会員から寺院に対してなされた供養数十万円を直接った際も、会館寺院の理事会に報告せず、会館寺院の口座にも入れていませんでした。

こうしたことから2010年(平成22年)2月、理事会りじかい住職じゅうしょく解任かいにんしました。

しかし、宮川は理事会の処分しょぶん不当ふとうであるとしてれず、寺院に居座いすわったため、同年6月に「宝城寺ほうじょうじ」は、寺院の明け渡しを求める裁判さいばんを起こしました。2014年3月には宮川に対して、寺院の明け渡しをめいじる判決はんけつ確定かくていしました。

真心からのとうと供養くようを、姑息こそく手口てぐち私物化しぶつかしたわけですね。

裁判では、宮川の〝ウソつき坊主ぼうず〟ぶりが明らかになりました。

というのも、宮川は裁判において、会館寺院側から指摘してきされた供養の不正ふせいについて、〝自分は寺院住職だけではなく、個人宗教家としての活動もしており、会館寺院側が指摘した供養は、個人として受けたものだ〟〝受けた供養は、海外の教育機関への寄付きふに回した〟などと弁解べんかいしていました。

しかし、裁判所は、〝永代えいたい供養とは文字通り永続的えいぞくてきな供養が可能な寺院に対して申し込むものであり、宮川個人に対するものではない〟〝会館寺院が指摘した供養は、いずれも寺院に対してなされたものである〟とだんじました。

また、裁判所は、宮川の〝供養は寄付に回した〟との誤魔化ごまかしについても、宮川が証拠しょうことして提出ていしゅつした寄付の受領書じゅりょうしょの日付が供養を受けてから1年以上も経過けいかしていることや、寄付金額が供養を受領した額とことなっていることなどから、「事実経過としても不合理ふごうりかつ不自然ふしぜん」「被告ひこく供述きょうじゅつは信用性にとぼしい」などと指摘。裁判において、宮川の弁解は、いずれも理由がないと一刀両断いっとうりょうだんされたのです。

宮川のくるまぎれの弁解は、裁判でも排斥はいせきされたのですね。

そもそも、会館寺院の住職という立場にありながら、尊い真心からの供養を私物化するなど、到底とうていゆるされるはずがありません。

宮川は現在、さも学会の事情通であるかのごとく狡猾こうかつよそおい、悪意あくい臆測おくそくもとづく与太話よたばなしで学会への誹謗中傷ひぼうちゅうしょうかえしていますが、結局のところ、自らのいやしさが原因で会館寺院を追放されたことを〝逆恨さかうらみ〟し、さわぎ立てているだけなのです。これが、宮川という人物の正体なのです。

(創価新報2018年4月18日付)