創価学会についてQ&A for YOUTH

退転・反逆の輩 波田地克利とその一派

退転たいてん反逆はんぎゃくやから 波田地はたち克利かつとしとその一派

1. 週刊誌などデマ記事もとに煽動せんどう  学会員をたぶらかし〝脱会者づくり〟目論もくろ

この連載で紹介された、組織内組織を形成けいせいして学会と会員に迷惑めいわくおよぼし会員除名処分じょめいしょぶんとなった元職員3人らの「足軽会(あしがるかい)」なるグループ、供養(くよう)私物化しぶつかして会館寺院を追放ついほうされた宮川日護みやかわにちごのほかにも、学会の組織攪乱かくらんねらうグループがあると聞いたのですが。

それは、創価学会から会員除名処分を受けた波田地はたち克利かつとしなる人物を中心とした一派です。

現在、波田地らは、不特定多数の人が自由に閲覧えつらんすることができるインターネット掲示板けいじばんやSNSを使い、〝学会執行部しっこうぶがおかしくなった〟などと、悪意あくいとデマにもとづく誹謗中傷ひぼうちゅうしょうをしています。

しかも、波田地ら一派は、彼らのデマに影響えいきょうを受けた各地の学会員に近づき、〝地元組織では教えてくれない学会本部の本当の姿すがたを教えてあげる〟などと、言葉たくみに、グループの集会にさそっています。

そこで、波田地らは虚実きょじつぜた情報を基に悪意にちた与太話よたばなしんでは、集会に参加した学会員をたぶらかそうと、躍起やっきになっています。

このようにして、波田地らは、多くの学会員をまどわし、不信をあおっては、彼らの一派に引きずり込もうと目論もくろんでいるのです。

ようするに、彼らのやっていることは、日顕宗の〝脱会者づくり〟のようなものなのです。

中心者の波田地は、どのような経過けいかで除名されたのでしょうか。

かつて、中心者の波田地は本部職員でしたが、青年部時代の教宣きょうせん活動や職務しょくむを通じて知り合った人脈を悪用あくようし、学会で厳禁げんきんとされている独自のグループ(組織内組織)を形成。

2006年(平成18年)には、職員の立場を悪用して、彼らのグループなどに情報を漏洩ろうえいしたことにより、学会本部を諭旨退職ゆしたいしょく処分となりました。

その後も、波田地はグループ活動を継続けいぞくさせ、2008年ころから、メーリングリストや非公開のSNSグループなどをつくったり、集会を開いたりしては、そこで虚実織り交ぜた情報を流し、学会執行部への誹謗中傷を激化げきかさせていきました。

たとえば、波田地は、グループの集会の参加者に対して、事前に、週刊誌などの学会批判ひはんのデマ記事をメールで送付し、熟読じゅくどくしてのぞむよう指示しじ

集会では、それらを題材だいざいにして、波田地はたち講義こうぎを行い、〝すごい本質ほんしついた、今の信濃町しなのまち分析ぶんせきしているするど見解けんかいです〟などと、デマ記事を持ち上げて、〝この記事が示すように学会本部はおかしくなっている〟などと、解説かいせつ

、〝いよいよ、学会執行部しっこうぶたおすために立ち上がる時だ〟と、気勢きせいをあげる始末しまつでした。

波田地は、彼らのメーリングリストにおいても、荒唐無稽こうとうむけいなデマを流しては、〝本物の弟子である自分たちが学会執行部を倒さないといけない〟〝倒すことができれば、広宣流布こうせんるふ万代ばんだい基盤きばんは完成する〟などと、グループのメンバーを煽動せんどうしていました。

また、波田地の語る与太話よたばなし出元でもととなり、一部マスコミに学会中傷ちゅうしょうの記事が掲載されたこともありました。

このように、波田地は、〝不信や分断ぶんだん火種ひだね〟をつくり、拡散かくさんさせて、学会の「異体同心いたいどうしんの団結」をくずそうと「組織攪乱かくらん」におよんでいたのです。

学会は、波田地を中心としたグループ活動が、創価三代の会長が築いた学会の組織を攪乱する組織破壊行為はかいこういであるとして、2013年12月、波田地を会員除名処分じょめいしょぶんにしました。

学会活動などで築いた人脈を悪用して、グループを形成し、組織攪乱に及ぶなど、言語道断ごんごどうだんというほかありませんね。

その後、波田地は会員除名処分を不服ふふくとして学会を提訴ていそしましたが、裁判所さいばんしょは、〝独自のグループなど形成・主導しゅどうしていない〟〝学会全体への誹謗ひぼう中傷などしていない〟等と詭弁きべんろうして言いる波田地の主張を、「いずれも採用さいようすることができない」とことごと排斥はいせき

2017年12月、最高裁さいこうさいで波田地の全面敗訴ぜんめんはいそ確定かくていしました。

そもそも、波田地が、このような誹謗中傷をするにいたった理由を一言でいえば、学会執行部への怨嫉おんしつからでした。

怨嫉から、誹謗中傷に血道ちみちを上げて除名になった波田地が、いくら御託ごたくならべたところで、所詮しょせんは、信心をくるわせた者の〝悪あがき〟にすぎないのです。

そんな波田地らの言動げんどうに、そそのかされたり、まどわされたりして、信心を紛動ふんどうされるようなことがあってはなりません。

破和合僧はわごうそうを働き、学会を追放された波田地ですが、その後も、反省の色なく、同調者どうちょうしゃ結託けったくし、誹謗中傷に狂奔きょうほんしています。

まさしく、その姿は、みずからの信心の狂いから退転たいてん反逆はんぎゃくし、堕落だらく末路まつろ辿たどっていった者たちといつにするものです。

それが、波田地はたち克利かつとしと、その一派なのです。

(創価新報2019年3月20日付)