創価学会についてQ&A for YOUTH

組織ってなんだか怖い

組織ってなんだか怖い

創価学会の組織は「励まし」のネットワークです。

「組織というと怖いイメージがする」「個人の自由を縛られたくない」……こうした声をよく耳にします。しかし、組織は個人の自由を縛るものではありません。創価学会の組織は、一人一人が自分らしく輝いていくために、支え、励ましあっていくためにあるのです。いわば、「一人は皆のために、皆は一人の幸福のために」行動する“チーム”であり、「人と人とのつながり」「地域の絆」を強くする励ましの“ネットワーク”なのです。東日本大震災の際も、全国の42会館を避難所として開放し、会員であるなしにかかわらず、計5000人もの被災者を受け入れるなどし、その励ましのネットワークに対して、「創価学会の皆様には、ぜひ、被災者の精神的な支えとなり、人々の『心の復興』にも寄与していっていただきたい」(宮城県の村井嘉浩知事)など、多くの期待の声が寄せられています。仕事や立場、生まれ育った環境も異なる人たちが、他者の悩みに耳を傾け、共に泣き、共に笑い、支え合いながら、それぞれの人生を充実させていく――こうした「一人の幸福の追求」に、組織をあげて取り組んでいるのが創価学会です。

この記事のURLはこちら:http://www.sokayouth.jp/question-and-answer/category01/qa166.html