創価学会の信仰Q&A for YOUTH

「友人葬」ってなに?

「友人葬」ってなに?

僧侶を呼ばずに、遺族・友人など故人と親しい人たちで執り行う「真心」の葬儀です。

創価学会の「友人葬」とは、日蓮大聖人の仏法の精神にのっとって、真心から故人の冥福を祈ることを重んじた葬儀です。既成仏教の葬儀との決定的な違いは、僧侶がいないこと。各地域の「儀典長」などを中心に、遺族をはじめ故人と交友関係を結んできた友人らが追善回向の読経・唱題を行います。生前の故人に会ったこともない僧侶ではなく、故人をよく知る儀典長らが、その生き方をたたえ、真心あふれる挨拶をすることも特徴的です。葬儀に僧侶がいる、いないは、成仏とは一切関係ありません。また、香典や謝礼も必要ありません。(もちろん、特別に親しい関係にあった方が、どうしてもという気持ちで香典を持参するのは自由です。)創価学会の友人葬について、各界の識者も「葬式のための宗教から、人生を生きるための心の灯としての宗教、人間の“生きがい”としての宗教に変わっていかなければなりません。(中略)宗教の真実の覚醒のために創価学会が今やっていることは、世界宗教的な使命と意義を持っている」等と声を寄せています。形式ではない、故人と親しい人たちによる清々しい儀式に、大きな共感が広がっているのです。

この記事のURLはこちら:http://www.sokayouth.jp/question-and-answer/category03/qa167.html