創価学会と平和運動の主な歴史

創価学会と平和運動の主な歴史

~1944

牧口常三郎初代会長が軍部権力と対峙

1930年、創価教育学会(創価学会の前身)を創立。

戦時中、宗教・思想の統制を図る軍部権力によって投獄され、東京拘置所で逝去(享年73歳)

1957.9.8

戸田城聖第2代会長が「原水爆禁止宣言」を発表

青年への遺訓として、核兵器を絶対悪と断じる宣言を発表した

1968.9.8

池田大作第3代会長が、日中国交正常化を提言

日中両国の関係改善への道を大きく開いた。

以来、創価学会として万代の友好への交流を続けている

1998.10.26

核兵器廃絶を求める1300万人の声を国連に

国際キャンペーン「アボリション2000」に協力し、署名運動を展開した

2011.3.11~

東日本大震災・被災地での救援、ボランティア活動

42会館を避難所として開放。延べ約2万人が救援活動に奔走

2014~

SOKAグローバルアクションをスタート

近年の平和運動

/* IE用 */