<基本編>

START
1
「観心本尊抄」の次の空欄にあてはまる言葉は?
「無顧の悪人もなお妻子を慈愛す。(  )界の一分なり」(御書241ページ)
2
日興上人は、日興遺誡置文で次のように仰せです。 「時の貫首為りと雖も( ① )に相違して( ② )を構えば之を用う可からざる事」(1618ページ)
3
1975年(昭和50年)(① 月 日)、世界51カ国・地域の代表がグアム島に集い、(  ②  )が発足しました。
4
十界のうち、欲望が満たされず苦しむ境涯は?
5
「(①)の二道をはげみ候べし。(①)たえなば仏法はあるべからず。我もいたし、人をも教化候え。(①)は(②)よりおこるべく候。(③)あらば、一文一句なりともかたらせ給うべし」(御書1361ページ)
FINISH