• ホーム
  • YOUTH コラム
  • 「東日本大震災から10年 『希望の絆』コンサートを通して学んだ音楽の力」

YOUTH コラム

「東日本大震災から10年 『希望の絆』コンサートを通して学んだ音楽の力」

「東日本大震災から10年 『希望の絆』コンサートを通して学んだ音楽の力」

東日本大震災から、来月で10年を迎える。創価学会はこれまで、東北の人々に寄り添おうと、復興を目指したさまざまな取り組みを行ってきた(※)。
その中で創価学会音楽隊は、「希望の絆」コンサートを各地で開催。このコンサートは、首都圏の「創価ルネサンスバンガード」「創価グロリア吹奏楽団」「しなの合唱団」、関西の「関西吹奏楽団」の4団体が、それぞれ被災地を訪れて開催する“心の復興”を目的とした演奏会である。

第1回が行われたのは2014年3月。震災から3年がたった当時、被災者から「ようやく心を落ち着けて音楽に耳を傾けられるようになった」との声が聞こえていた時だった。70人ほどが集まり、福島の仮設集会所で行われた、しなの合唱団のコンサート。馴染み深い歌謡曲などを参加者も一緒になって口ずさむなど、プログラムが進むにつれて会場の雰囲気は一体となった。

そんな中、一人の壮年が表情を変えず、ただ一点だけを見つめていた。
コンサートの終盤、進行役の団員がマイクを取って語った。
「私たちの前に、悲しみすら表に出せないほどつらい人がいたとして、私たちにどんな言葉が掛けられるのか――。いつも自分の無力さを思い知らされます。それでも、音楽なら、心からの歌声でなら、きっと思いを届けられるのではないか。お集まりの皆さまの大切な思い出に、歌の花束を贈ります」
曲紹介に続いて流れたのは、復興支援ソング「花は咲く」。
合唱が始まるや、その壮年の表情はみるみる変わり、口をぎゅっと結んで涙を拭った。その姿に、団員たちは込み上げてくる涙をぐっとこらえ、一段と歌詞に思いを込めて歌った。

2014年10月 福島県楢葉町での「希望の絆」コンサート。
仮設集会所や市民会館など、これまでに78市区町村で開催。

2014年10月 福島県楢葉町での「希望の絆」コンサート。
仮設集会所や市民会館など、これまでに78市区町村で開催。

今日まで、音楽隊が開催してきた「希望の絆」コンサートは171回。中には、自治体の招へいを受け、 “復興の証し”である地域の文化ホールや商店街のオープンを記念した公演もあれば、少人数の集会所でのコンサートもある。音楽隊員はその一回一回に、自身の持てる力の全てを注いできた。“聞く人の心に希望と勇気を送りたい”“この瞬間だけでも心を癒やして欲しい”との思いを込めて――。

これまで、参加した識者からは数多くの声が寄せられた。
「音楽は、癒やしや勇気を与えるだけでなく、〝人と人を結ぶ力〟があると思います」「音楽隊のコンサートのおかげで、市民の『希望の絆』が力強く育まれた。それが、わが市の復興前進の大きな力になっていくと確信しています」(岩手・宮古市 山本正德市長、聖教新聞2017年3月12日付)
「皆さまの演奏は多くの人々を鼓舞したと思います。創価学会が訴える〝心の復興〟を体現した公演だと感じました。この文化運動は、真の地域復興、人間復興の〝追い風〟となるのではないでしょうか」(宮城・南三陸町 佐藤仁町長、聖教新聞2017年3月12日付)

20年以上トランペットを吹いてきた、ある楽団員の言葉が忘れられない。
「このコンサートの舞台に立つために、僕はこれまで音楽をやってきたんだと思う」と。
被災地でのコンサートを通して、音楽隊員たちは「音楽の力」を実感し、それぞれが“自分は何のために歌うのか、楽器を奏でるのか”との意味をつかんだ。

音楽隊は、東北の他、「熊本地震」(2016年)や「西日本豪雨」(2018年)などの被災地でも、演奏会を開催してきた。コロナ禍にあっては、オンラインを活用し、リモート演奏を配信するなど、絶えず音楽を奏で続けている。それは一重に、東北で学んだ「音楽の力」を信じ、悩める人に、苦しんでいる人に希望を届けたいとの思いからである。
東北の復興から10年。震災の風化が叫ばれる一方、いまだ約4万2000人が避難生活を余儀なくされ、2500人以上の行方が分からないという。復興はまだ道半ば。音楽隊は、被災者の最後の一人が「復興は完全に果たされた」という日が来るまで、挑戦を続けていく覚悟だ。

創価学会音楽隊長 寺口博行

(※)震災直後、創価学会は42会館で5000人を受け入れた。創価学会青年部を中心とした清掃ボランティア「かたし隊」を被災3県(宮城・岩手・福島)に派遣。自治体への義援金や物資の寄託をはじめ、被災した小・中学校への図書贈呈などの取り組みを行ってきた。また、学会青年部では、「SOKAグローバルアクション」と銘打った平和運動の柱として、地域の未来を担う青年による「復興主張大会」や、震災の記憶を風化させないようにと、被災者の声を記録・発信してきた。

【参考動画】

(1)福島県いわき市・楢葉町で「希望の絆」コンサート

(2)宮城県でしなの合唱団「希望の絆」コンサート

(3)岩手県で創価グロリア吹奏楽団が「希望の絆」コンサート