YOUTH コラム

「『#平和について考えよう』キャンペーンについて」

「『#平和について考えよう』キャンペーンについて」

SGI(創価学会インタナショナル)会長である池田大作先生は、1983年以来、毎年、SGI発足の日である1月26日に寄せて、記念提言を発表しています。

世界の平和と地球の未来に向けて、仏法の視座から示された提言は、「全人類の究極的な目標の幾つかが前進する」(ドゥアルテ元国連軍縮担当上級代表)などと評されています。これまで、「地球憲章」の制定や、「対人地雷全面禁止条約」の発効、「核兵器禁止条約」の採択など、提言の中から実現したものもあります。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続く本年も、池田先生は記念提言を発表しました。平和・軍縮、人権、気候変動、国際社会の趨勢など、多岐に渡る考察や具体的な対処が示される中、特に「青年」、また「女性」「子ども」に光が当てられています。

今回、提言の発表を契機として、「#SGI提言」「#平和について考えよう」とのハッシュタグでツイートキャンペーンを実施します。みなさんが考える平和への願いや、具体的に実践していきたいことなど、思いを言葉にすることから、第一歩を踏み出してみませんか。

創価学会青年平和会議議長 山口雅明